Not logged in | Sign In
beta

Hub: Japan

Official Hub

Transition Japan was launched in June 2008 with the aim of starting the Transition Movement, which began in England, in Japan. We went on to establish various kinds of foundations, for example, by producing explanatory materials designed for Japan, holding explanatory meetings and training events, translating guidelines, and publicising information online. In June 2009 we received the status of a Non-Profit Organisation.

As a result, Transition Towns began in three areas of Japan: Fujino, Hayama and Koganei. Two years after the launch of Transition Japan, in July 2010, there were fifteen Transition Towns in Japan. Then, with the opportunity afforded by the end of the original committee’s term, and a new committee’s election, we moved from the stage of foundation-building to a new stage of organisation.

Now, Transition Japan, which is centred on the committee (formed of the leaders of regional Transition Towns) and the staff of the working groups, is engaging with various activities, in order to support the network of people involved in Transition, and further encourage and develop its presence in Japan.

トランジション・ジャパンは、英国発のトランジション・タウンを日本の地域で立ち上げることを目的に、2008年6月に発足。日本向け説明資料の作成、説明会の開催、トランジション・トレーニングの開催、ガイドラインの翻訳、ウェブサイトでの情報発信など、さまざまな土台づくりを進めてきました。2009年6月にはNPO法人の認証を受けました。

その結果、日本のトランジション・タウンは、2009年初めに、藤野、葉山、小金井の3地域から立ち上がり始め、トランジション・ジャパン発足から2年を経た2010年7月、日本でのトランジション・タウン数は15となりました。そして、初代役員の任期満了に伴う改選の機会に、土台づくりの段階から、新しい段階の組織へと移行しました。

現在、トランジション・ジャパンは、日本全国で50を超えるグループでトランジション・タウン運動に関わる人たちのネットワークのサポートと、日本におけるさらなる普及・啓発を推進するため、地域TTに参加するスタッフを中心として、他団体との連携など、さまざまな活動に取り組んでいます。